Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://ous.blog74.fc2.com/tb.php/86-bffd5f83

-件のトラックバック

-件のコメント

[C93] プロダクトと30代,40代の転職

プロダクトとは、製品・生産という意味 http://daemon1.rcrane4law.com/

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

「Web 2.0」の認知率は4割弱

「Web 2.0」の認知率は4割弱、イプシ・マーケティング研究所が調査[Impress]という記事。
調査によれば、「Web 2.0」という言葉について「意味まで知っている」「意味までだいたい知っている」と回答した人は全体の15.1%、「聞いたことはある」という段階まで含めても回答者全体の38.8%にとどまった。
ホントはもっと絶対少ないww
みんな見栄張って「知ってる」って言ってるはず。
そもそもWEB2.0ってのは、まだ定義されていないんではないですか?
このリサーチの中のブログとSNSについての結果。
ブログについては、全体の82.9%が「閲覧経験あり」と答えている。閲覧経験者のうち、自分でもブログを開設したことがあるとする回答は29.1%。(中略)世代別に見ると、20代以下では「1日5回以上」という回答が16.9%になるなど、若年層ほどブログの閲覧頻度が高い。
ブログ開設率29.1%ってものすごく高くないですか?殆どが捨てられてしまってるんだろうけど・・・
ソーシャルネットワークサイト(SNS)については、「登録している」が22.4%

mixiの知名度をイメージすると少ないって気がするけど、日本でSNSって言ったら、9割がmixiなんだよなぁ。
このほかの新サービスや新機能の利用率では、「ツールバー」(57.6%)と「自動翻訳機能」(45.0%)の利用率が高い。一方で、YouTubeなどの「ユーザー投稿型動画ポータルサービス」(26.4%)、RSSやはてなアンテナなどの「更新チェック機能」(22.0%)、はてなブックマークなどの「ソーシャルブックマーク」(21.7%)などのサービス利用者は2割台にとどまっている。

コレ見ると、今回のリサーチは対象偏ってる気がしちゃう。
RSSってこんなに広まっているなんて体感ではないんだけどなぁ。ソーシャルブックマークも。
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://ous.blog74.fc2.com/tb.php/86-bffd5f83

0件のトラックバック

1件のコメント

[C93] プロダクトと30代,40代の転職

プロダクトとは、製品・生産という意味 http://daemon1.rcrane4law.com/

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

RSSでこのサイトを購読

検索

Web全体 ORE UNITED SOURCES内

プロフィール

O.U.S

Author:O.U.S
コンピーターで何かいろんな楽しそうなモノやコトを繋ぎ合わせてオモロイことができないか毎日考え中の、ヒゲのサラリーマソ。

リンク

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。